Yバイナリー


☆Ybinary キャンペーン
Ybinary(Yバイナリー)2015年12月のキャンペーン!
もう2015年も残すところ後わずかになりました!
☆ Yバイナリーの125%ボーナスキャンペーン!(12月1日〜12月31日まで)
期間中に最低入金額2万円以上の入金を行う(上限は100万円)
※ボーナス出金条件はボーナス額の30倍の取引量
☆ Yバイナリーの取引コンテスト!(12月1日〜12月31日まで)
(※上位入賞者の賞金額については、以下の項目をご覧ください)
上位10名のトレーダー様まで賞金獲得のチャンスです。お見逃しなく!
賞金はボーナスではなく現金です。
・1位 − $50,000(500万円相当)
・2位 − $10,000(100万円相当)
・3位 − $5,000(50万円相当)
・4〜10位 − $500(5万円相当)



☆最低入金金額250ドル(2万5千円リスクフリーボーナス!(12月1日〜12月31日まで)
入金額25000円/250ドル、取引を1回全額25000円/250ドルにて投資。
※引き出し条件:25000円/250ドルx30倍=750000円/7500ドルの取引量




☆日本での10月バイナリーオプションのボリューム減少
金融先物協会(FFAJ)が報告によると、日本での10月バイナリオプションのボリュームの取引はさらに下落し、これは2ヶ月減少傾向を延長となりました。
トー少し大きい文字タルボリュームは、9月の45,970,000,000,000円(380億ドル)からダウン44,589,000,000,000円(360億ドル)となりました
9月の結果と同様に、10月の下落は、アクティブなアカウント数の低下に関連している可能性があります。9月1352714198対し。 2014年10月には、バイナリーオプション取引のアクティブなアカウントは15162となりました。
下記のグラムのように日本の投資家がその魅力の一部を失っているようです。これは今年の数ヶ月前からの数字は揮発性とバイナリーオプション取引の数との間の直接的な相関関係を示唆してきたようで、バイナリーオプション取引が実際に、 より高い市場のボラティリティと何か関連している可能性がある。この減少は、この市場の差し迫った衝突の示唆開発よりも、緩やかです。

financemagnates.comを参考
☆ 日本の10月リテールFX出来高は3割減

金融先物取引業協会 (FFAJ) は、10月の店頭FX出来高を発表しました。547兆8000億円(4兆4700億ドル)だった9月から31.1%減の377兆4000億円(3兆800億ドル)を記録しました。

10月末の建玉合計は67,786億円、9月の67,765億円からほぼ変わりませんでした。

FFAJによると、10月はとりわけ出来高の大幅な低下が目立っており、それについて可能性のある原因もとくに記載されてませんでした。しかしながら、おそらくこれはマーケット・ボラティリティの低下に起因していると考えられます。

9月、店頭FX出来高は前月比で11.4%の増加を記録しました。また、建玉合計も8月の66,614億円から増加しました。

9月の数値について以前ファイナンス・マグネイトでお伝えした記事では、7月から9月にかけて店頭FX出来高が増加したことで、年初に取引高下落に悩まされていた日本のFXブローカー会社にとっては力強い追い風となったはずだと報じました。


jp.forexmagnates.comを参考


ってことで、やるなら今しかねぇ!

スポンサーサイト
[ 2015/12/08 20:43 ] 小遣い | TB(0) | CM(0)